引越しは見積りで決まると言っても過言ではない

Pocket

大学を卒業して社会人になって以降、これまで私は4回の引越しを経験しました。

この引越しの経験を通して学んだことは、タイトルにもあります通り「引越しは見積りで決まる」ということです。

引越しが決まったら、まず見積りをとります。見積りで一番重要なところは、何と言っても荷物の量と移動距離ですが、

それ以外にも部屋の数や広さ、何階建ての建物でエレベーターがあるかないかなど、いろいろな理由で見積り金額が決まります。

また、これらにプラスして、平日や仏滅、早期予約などで割引があったり、逆に3月など引越しシーズンともなると繁忙料金が加算される場合もあります。

 

 

 

こういった中で、引越しする立場として考えると、いかに安くて良心的な引越し業者を見つけるかということがとても重要になります。

ではどのように見つけるか。ですが、最近はおそらくたくさんの方が利用していると思いますが、いくつかの業者から必ず相見積りをとります。

ここで重要なのは、どの業者に対しても同じ内容で見積りをとることです。同じ内容でなければ料金を比べる根拠にならないからです。

 

 

 

また、次に重要なのは、業者の巧みな言葉に惑わされて、希望の金額を教えてはいけないことです。

なぜなら、希望の金額を言った時点で、その金額に見合った人数とやり方で業者は引越しを組み立ててしまうからです。

引越しは人数がとても大切です。3人と4人では、その効率や丁寧さが全然違います。

このようにしてとった見積りの金額の中から選ぶわけですが、簡単に一番安い金額の業者に決めてしまってはいけません。

ちゃんと約束した人数で引越しをしてくれるか改めて確認すること、

そのときの営業マンの言葉使いや物腰など、自分の新しい門出を応援してくれるそんな業者にお願いするのが良いでしょう。

 

その中でも希望以上の金額と見積もりを、しかも単身引越しでお願いできるサービスがあるんです!

コメントは受け付けていません。