引越しの見積りに失敗の結果

managewpadmin
2012年11月14日
Pocket

結婚して何度か引越しをしました。そのうちほとんどは、転勤に伴う引越しだったため引越し会社は会社の指定する業者に決まっていたので、

費用を気にすることもなかったのですが、いよいよマイホームを購入、自分たちで引越しするとなったとき、

やはり一番気になるのは良い業者かどうかなんですが、家を買い、家具も買わなければいけない一時的に非常に出費が多いときなので、

やっぱり一番安い業者を探さなくてはいけない状況になってしまいました。

 

 

 

最初は何社も見積もってもらった上で、見比べてみよう。

そして、駆け引きでもしたら安くしてくれるかもしれない。

などと気楽に考えていたのですが、実際に引越し見積りもりにきてもらう日程を調整し、まだ乳児だった子供を抱っこしながらの交渉はとても困難でした。

しかも購入したのは大型マンション。引越し最盛期の三月に何百世帯も入居するので、引越し業者を確保するだけで大変でした。

そしていざ引越し見積もりにきてもらうと、担当の方を前にあまりがめついことも言えず、結局最初に引越し見積りに来てくれた業者さんにお願いすることになりました。

 

 

 

 

しかしそうやって早めに業者さんを決めたため、日程も希望とおりになり、希望や引越し方法を相談する時間もかなりあり、きいてもらえる余裕もありました。

大型マンションは同時に何件もの引越しがかさなるため、前日夜に荷造りし、朝一番を狙いましょうという作戦で、見事大成功。

マンション入居は早いもの順だったので、一番に到着した我が家は、一番に引越し作業をすることができました。

到着が遅れた方は、順番がくるまで長々待たされ、作業は夜までかかっていたので、引越し見積りに失敗してしまったけれど、引越し自体はスムーズだったので本当によかったです。

コメントは受け付けていません。